美容と治療ネット

美容と治療ネット

肝斑としみの違いや治療方法について調べよう

肝斑の原因と治療

婦人

しみと肝斑の原因と違いを確認しよう

顔の表面に見られるしみを綺麗になくしたいという人は多いでしょう。そんな、しみとよく間違えら得るのが肝斑というものです。この二つは肌の表面に出る症状なので似ていますが、できる原因に違いがあります。肝斑はホルモンの乱れが原因で出てくる症状です。

肝斑としみの見分け方を知っておこう

肝斑は、普通のしみと違って左右対称に現れるという特徴があります。また、頬の部分だけでなく額や鼻の下などにも出てくることがあるでしょう。よくみられるのが、目の下を覆うように出てくるというものです。

しみや肝斑の治療方法を知る

大阪や大きな都市にある美容外科や美容皮膚科ではしみや肝斑を綺麗に治療することができます。そのときによく行われるのが、外用薬や内服薬の処方、レーザーや光での治療、ケミカルピーリングなどです。

肝斑を綺麗にすることができる治療方法

内服薬

肝斑の治療をするときによく処方されるのが、トラネキサム酸という成分を含んでいる薬です。これはメラニンが増えてしまうのを抑える力があるのです。また、抗酸化作用の高いビタミンCも治療に用いられます。

外用薬

美容外科や美容皮膚科では内服薬と外用薬での治療を平行して行うこともあります。外用薬としてよく使われるのがハイドロキノンです。ハイドロキノンには高い美白作用があり、肝斑以外のしみの治療にも使われます。

レーザーでの治療

以前であれば、肝斑にレーザー治療をしてはいけないというのが一般的なこととなっていました。しかし、最近は出力を調節することができるレーザー増え、肝斑にも用いることができるようになったのです。

肝斑でも紫外線対策はしっかり行おう

肝斑は、ホルモンのバランスが乱れることでメラニン色素が増えて現れると考えられています。原因が紫外線ではないからといって紫外線対策を怠ると、濃くなってしまうことがあるので注意が必要です。日ごろから、日焼け止めや日傘でしっかりと対策をするようにしましょう。